読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーク一族。

f:id:Embarcadero:20170318070909j:image

 

アメリカの真の支配者 コーク一族 https://www.amazon.co.jp/dp/4062195240/ref=cm_sw_r_cp_api_H6fZybE5Q1KTC

 

日本ではほとんど無名の会社だが、世界最大の穀物会社であり非公開会社のカーギルに次ぐ規模の非公開会社のコークインダストリー。

 

創業者のコーク兄弟は、アインランドの思想、リバタリアンを数十年に渡り支援してきており、今回の政権にも大きな影響を及ぼしていることに間違いない。

 

彼らができるだけマスコミに露出を避けていることもあり表に出ないが、一連の政策は、「肩をすくめるアトラス」と「コーク一族」を読めば腑に落ちる。

 

 

肩をすくめるアトラス

f:id:Embarcadero:20170318070330j:image

 

肩をすくめるアトラス 第一部 https://www.amazon.co.jp/dp/4908222010/ref=cm_sw_r_cp_api_G1fZybJC76Q8S

アイン・ランドの1957年出版の小説。トランプ政権後のアメリカを考えるにあたって外すことのできない必読書。

 

政府の規制や補助、関与を嫌悪し、経済的弱者への救済を否定し、企業家の飽くなき利潤追求に完全な道徳的正当性を与える。

 

この本は91年に米国議会図書館調査で、「アメリカ人が最初の次にもっとも大きな影響を受けた本」に選ばれ、発売後50年以上経つのに今でもベストセラー。

 

トランプ自身は、このアイン・ランドの思想に傾倒している証左は見られないが、政権の閣僚、議会の重職に同氏の信奉者や、いわゆるリバタリアンが多く見られる。

 

リバタリアンの経済的、思想的な最大の支援者とされるコークインダストリーのコーク兄弟が、トランプ氏を最終的には支援し、閣僚人事にも影響力を行使していると見られる。

 

アメリカ政治史上初めて、リバタリアンが政治の中心に出てきたという事実は、減税額がどうなるかとか、メキシコの壁がどうかよりも、ずっと重要。

 

すでに、経済的弱者への支援であるオバマケアの廃止、国際機関への負担の軽減が打ち出されているほか、ワシントンの関与を否定するため、公務員の採用停止、環境規制の緩和、裏返しである環境ビジネスへの補助金カット、などアインランド信奉者のやりたい放題という状況。

 

金融規制の緩和など、規制の緩和は経済活動のダイナミズムを大きく活性化させることは間違いない。アメリカ経済は新しい世界に突入している。